院内紹介

院内

診療室

レントゲン室

3DCT

高精細な3D画像により、正確な画像診断が可能です。通常のレントゲンでは
確認することが難しい骨の形態や奥行を容易に把握することができます。
これにより、通常の治療だけでなく、インプラントにおいても、
より安全な治療を提供することが可能となります。


患者さんの顎の骨の様子はみんな違います。
術前に、インプラントを正確・確実に埋入する為に、
さまざまな方向から観察分析し確実なものとします。失敗は
許されませんから、慎重に手術のシュミレーションができます。

手術室

根の治療からメンテナンスまで、診療の幅が広がります。
治療する時の術視野が広がり、鮮明に見ることができるため、
歯の状態をしっかり確認することができます。

遠心分離機

PRP(多血小板血漿)による骨再生療法。
遠心分離機を使用して、患者様の血液から濃縮した血小板を作り出し、
この血小板が持つ治癒力を利用して、治癒の促進や骨の再生を促す治療方法です。
近年美容外科などで話題となり、歯科領域にも利用されるようになっています。

生体情報モニタ

インプラント手術の際は生体モニタを使用し、患者さまの血圧・心電図を
確認しながら処置を行います。患者さまの状態を把握することで、
より安全に治療を行えます。また、歯科麻酔専門医により行う、静脈内鎮静麻酔には必ず生体モニタが必要となり、血圧・脈拍・血中酸素飽和度をモニタリングすることで安全に全身管理が行えます。

無影灯

LEDライトを使用した無影灯です。
フレネルレンズ構造により、より深い照射深度、高い無影性が得られ、
広く明るい術視野を確保できます。

外観