入れ歯

入れ歯とは

入れ歯はレジンという材質(プラスチックに近い材質)または、金属の土台を歯茎の形に合わせて作り、人工の歯を取り付けたものです。
基本的に土台がレジンの入れ歯の場合は保険適用になり、土台が金属の入れ歯は自費となります。
歯を失ってしまった場合の治療としては、一般的な治療方法です。
入れ歯を固定するために金属のバネを使用したりします。
自費の入れ歯の場合は、インプラントを使用した入れ歯や、磁石を使ってバネが見えないようにする方法の入れ歯など、いろいろな方法があります。

入れ歯の種類

①レジン床(保険)

プラスティックでできた入れ歯で保険が適用されるので経済的です。快適に食事をすることができ、気持ち良くお話が出来るまで、とことん患者様とお付き合いします。

②ノンクラスプデンチャー(はり金のない入れ歯)

金属のクラスプ(残っている歯に引っ掛ける装置)を使っていないので審美性に富んでいます。
義歯床の厚さを薄く出来るので違和感が少なく、金属アレルギーの方にも、最適です。
又、非常に軽いので入れ歯をしているのを忘れるくらいです。

③金属床

金属床は入れ歯の主要な部分を金属で作った入れ歯のことをいいます。
レジン(プラスチック)に比べ丈夫な金属を使うので、しっかりと固定され、たわまない、丈夫な入れ歯を作ることが出来ます。
また、食べ物の温度を瞬時に伝えることができ、食事を快適に楽しむことが出来ます。

④チタン床

チタンとは、ロケット、航空機などのハイテク分野から、最近は眼鏡のフレームやスポーツ用品など、近年話題の最先端金属です。
安定した皮膜に包まれており、金属の消耗や溶け出すことが無いのでアレルギー等が発生しません。
また、口の中でスプーンをなめた時のような金属特有の味がしないので、味覚の違和感が無くお食事を楽しむことが出来ます。
一般的に入れ歯に用いられる金合金の約1/4の重さでとても軽いです。